まるっとミミ吉

ミミ吉のこと色々

11月に観た映画

11月に観た映画の備忘録。

 

 

1.『舞妓はレディ』

舞妓はレディ

舞妓はレディ

  • 発売日: 2015/03/04
  • メディア: Prime Video
 

 

 

2.『チャーリーズ・エンジェル

チャーリーズ・エンジェル(字幕版)

チャーリーズ・エンジェル(字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

3.『ホリデイ・イン・ザ・ワイルド

www.netflix.com

 

 

4.『クリスマスに降る雪は』

www.netflix.com

 

 

5.『オケ老人!

オケ老人!

オケ老人!

  • 発売日: 2017/05/02
  • メディア: Prime Video
 

 

 

6.『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(字幕版)

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(字幕版)

  • 発売日: 2016/09/02
  • メディア: Prime Video
 

いい映画だった。

 

 

7,『ゲット スマート』 

ゲット スマート (字幕版)

ゲット スマート (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

8.『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン 

 

 

 

9.『アイ・フィール・プリティ!』

 

 

10.『ピッチ・パーフェクト ラストステージ

ピッチ・パーフェクト ラストステージ (字幕版)

ピッチ・パーフェクト ラストステージ (字幕版)

  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: Prime Video
 

 

 

11.『ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

12.『ハリウッド・コレクション:想い出のオードリー・ヘプバーン

 

 

 

11月に観た映画は計12作品。

今年ももうすぐ終わり。

あとどれだけ映画を観ることができるか楽しみ。

2019年のベストも考えるぞ。

 

 

11月に読んだ本

11月に読んだ本の備忘録。

 

1.青柳碧人『ウサギの天使が呼んでいる』

 

 

2.若竹七海『殺人鬼がもう一人』

殺人鬼がもう一人

殺人鬼がもう一人

 

 

 

3.車谷長吉車谷長吉の人生相談 人生の救い』

車谷長吉の人生相談 人生の救い (朝日文庫)

車谷長吉の人生相談 人生の救い (朝日文庫)

 

 

 

 

4.青柳碧人『西川麻子は地球儀を回す。』

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)
 

 

 

5.記載しない

 

 

6.宮下奈都『メロディ・フェア』

([み]3-1)メロディ・フェア (ポプラ文庫 日本文学)

([み]3-1)メロディ・フェア (ポプラ文庫 日本文学)

 

 

 

7.柚木麻子『3時のアッコちゃん』

3時のアッコちゃん (双葉文庫)

3時のアッコちゃん (双葉文庫)

 

 

 

以上、11月に読んだ本は7冊。

今年もあとひと月。

どんな本を読むことができるか楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

今週のマンガ

今週紹介するマンガは、益田ミリ『みちこさん英語をやりなおす am ・is・areでつまづいたあなたへ』。

 

みちこさん英語をやりなおす (am・is・areでつまずいたあなたへ)

みちこさん英語をやりなおす (am・is・areでつまずいたあなたへ)

 

 

みち子さんは小学生の娘がいるアラフォー女性。

友人の弟で英語好きな編集者に家庭教師を頼む。

習うのは英語。

はじめはわからないことも曖昧にしていたけど、せっかく勉強するならとどんどん積極的に質問していくみち子さん。

基礎のきから、曖昧なことを曖昧なままにしておかないみち子さん。

それは日本語の探求にも繋がっていく。

英語と日本語。異なる言語、異なる語順。

様々な言葉の壁にぶつかりながら、みち子さんは英語を学んでいく。

 

「簡単かどうかは先生じゃなくてわたしが決めることだと思います」

 (p27)

 

 

これは英語の勉強を始める人にぴったりのマンガ。

「主語と述語」、「名詞と固有名詞」、タイトルにもある「 am ・is・are」など英語の本当に基礎の部分から勉強が始まる。

みち子さんの質問が先生から「そこから!?」と思わせるところばかりなので英語の勉強につまづいていた人にも丁寧に解説される。

みち子さんと一緒に先生から出される問いを考えるのも復習になっていい。

久しぶりに英語を勉強したくなった。

 

益田ミリの優しい絵と共に英語を学ぼう。

10月に観た映画

10月に観た映画の備忘録。

 

 

1.『帝一の國

帝一の國

帝一の國

 

 

 

2.『パパと娘のハネムーン』

www.netflix.com

 

 

3.『バンド・ワゴン』

 

 

4.『パディントン2』

パディントン2(字幕版)

パディントン2(字幕版)

 

 

 

5.『ココ・アヴァン・シャネル

 

 

6.『ダーク・シャドウ』 

ダーク・シャドウ(字幕版)

ダーク・シャドウ(字幕版)

 

 

 

7.『女神は二度微笑む』

www.netflix.com

今年観た映画の中でも特におもしろかった。

インド映画油断できない。

 

 

8.『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 

 

 

9.『イースター・パレード』 

 

 

10.『銀魂

銀魂

銀魂

 

 

 

11.『アリー/スター誕生』

アリー/ スター誕生(字幕版)

アリー/ スター誕生(字幕版)

 

 

 

12.『百万長者と結婚する方法』

 

 

 

13.『銀魂2 掟は破るためにこそある』 

銀魂 2 掟は破るためにこそある
 

 

 

10月に観た映画は計13作品。

大好きなフレッド・アステアのミュージカルが観ることができて満足。

11月もたくさん観るぞ。

 

 

 

 

 

10月に読んだ本

10月に読んだ本の備忘録。

 

 

1.今村昌弘『魔眼の匣の殺人』

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

 

 

続編が楽しみなシリーズ。

こちらもいずれ映画化されるのかな。

 

 

2.山本弘『世界が終わる前に』

世界が終わる前に BISビブリオバトル部

世界が終わる前に BISビブリオバトル部

 

 

このシリーズおもしろいんだけど、段々恋愛方面に大きく傾き始めたので、ちょっと苦手になってきた。

ビブリオバトルはおもしろくて好きなんだけど。

 

 

3.青柳碧人『晴れ時々、食品サンプル

 

クスッと笑えるところが多いライトミステリなんだけど、謎解きの時に急に怖くなったりする。

おもしろいからもっとシリーズ読みたいな。

 

 

4. 倉知淳『皇帝と拳銃と』

皇帝と拳銃と

皇帝と拳銃と

 

 

一番好きな刑事ドラマが『刑事コロンボ』なので、読んでいて嬉しくなった。

死神警部がじわじわと犯人を追い詰めていくので読んでいるこちらまでハラハラした。

 

 

5.森博嗣イナイ×イナイ

イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)

イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)

 

 

ページをめくる手が止まらないほどおもしろかった。

文章が淡々としていて読みやすい。

 

 

10月に読んだ本は計5冊。

なんと全部ミステリ。

でもそれぞれ趣が違うミステリで全部楽しめたな。

やっぱりミステリが好きだと再認識した月だった。 

 

おすすめヨーロッパミュージカル

ミュージカル映画と言ってパッと浮かぶ作品は何だろう。

ラ・ラ・ランド』、『ウエスト・サイド物語』、『雨に唄えば』。

これらに共通しているのはアメリカが舞台の作品だということ。

では、他の国、例えばヨーロッパが舞台のミュージカル映画は何があるのだろうか。

 

今回は、ヨーロッパが舞台のミュージカル映画を3作品紹介。

 

 

1.『シェルブールの雨傘』(フランス)

シェルブールの雨傘(字幕版)
 

フランスの港町に住むジュヌヴィエーヴとギイ。

2人は結婚を誓い合った若い恋人同士。

ジュヌヴィエーヴは雨傘店を営む母と、ギイは病身の伯母と暮らしている。

愛し合う2人は幸せの真っ只中にいたが、ギイに召集令状が届いたことから、戦争によって引き裂かれてしまう。

 

全編音楽のみで、セリフも音楽に乗せて歌われる。

主題歌は世界中で大ヒット。

若い恋人同士の悲恋を美しく、切なく描いた作品で、フランスの美しい街並みがその切なさを際立たせる。

カトリーヌ・ドヌーヴが特に美しいので、ぜひ観ていただきたい。

 

 

2.『ホーリー・キャンプ』(スペイン)

www.netflix.com

エレクトロニック・ミュージックが好きなマリアとスサナ。

2人は修道女率いるキャンプに参加しているが問題ばかり起こしている。

夜遅く、マリアは部屋で黒い服を着た男性がホイットニー・ヒューストンの歌を歌う姿を目撃。

彼との出会いはマリアの人生、スサナ、マザー・ベルナルダ、シスター・ミラグロスを巻き込み、大騒動へと発展していく。

 

問題児女子2人と修道女2人のドタバタコメディミュージカル。

人生、宗教、恋そして音楽。

少女たちが大人になっていく過程をちょっと笑えて、ちょっと切なく描いている。

要所要所で歌われるホイットニー・ヒューストンの歌にも注目。

 

 

3.『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』(イギリス)

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール 通常版 Blu-ray

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール 通常版 Blu-ray

 

 スコットランドグラスゴー

イヴは拒食症の治療のために入院していた病院を抜け出してライブハウスへ。

そこでジェームズと出会い、彼が音楽を教えているキャシーを加え3人で音楽活動をすることに。

やっと自分の居場所を手に入れたと思ったイヴだったが、次第にひずみができていく。

 

少女の恋と友情、成長を描いた作品。

グラスゴーの美しく、静謐な雰囲気が物語にマッチしていて、どことなく暗さを含んだ風景がイヴの繊細な心を表しているようだ。

決して重さを感じさせず、未来の明るさを示しているので、気軽に観られる映画。

 

 

以上、ヨーロッパの国が舞台のミュージカル映画を3作品を紹介。

どれも音楽が素晴らしく、物語もそれぞれ違うので、ぜひ観てみてほしい。

9月に観た映画

9月に観た映画の備忘録。

 

 

1.『小悪魔はなぜモテる?!

 

 

2.『何者』

何者

何者

 

 

 

3.『幸せのレシピ

幸せのレシピ (字幕版)

幸せのレシピ (字幕版)

 

 

 

4.『紙の月

紙の月

紙の月

 

改めて宮沢りえってすごい女優だと思った作品。

 

 

5.『ダーティ・ダンシング 

ダーティ・ダンシング (字幕版)
 

 

 

6.『私がクマにキレた理由』

 

 

7.『トールガール』

 

 

8.『ジャンピング・ザ・ブルーム〜恋と嵐と結婚式〜』

 

 

9.『なりすましアサシン 

 

 

10.『カンフーハッスル

 

 

11.『メリーポピンズ・リターンズ』

 

 

9月に観た映画は計11作品。

笑える映画が多かったような。

映画って観てみるまでどんな作品かわからないからドキドキする。

意外な当たりを見つけると嬉しいので、これからも色々な映画を観ていくぞ。